プロフィール
   

な ま え アンド-さん(アンドーナッツが好物なので)  
年   齢  定年を過ぎた埼玉県人
職   業 年金生活者になりました
HPを作った動機  
 子供の頃より地理、歴史が大好きで、学生の頃は武蔵野の風景写真を撮り歩いており、近年は古代の街道の研究などしていました。そろそろ引退の時が迫ってきた折り、なにかライフワークをと思い、HPを見ていたら東海道とか中山道とか踏破したという記事に出会い、又ジョギング歴も40年ほどになり、健康の為にもなるしで、日本のあらゆる街道を歩いてやれと思い立つに至りました。 ・・・・・・・・・・・・・・
   というわけで街道歩きを始めて、早10年目に突入。五街道も一応完歩しました。その外脇街道や、歴史街道を歩いて延距離5,100kmを越えました。
 撮った写真も25,000枚を越え、カメラもソニーα55を持歩いていましたが、いささか重く、オリンパスEM-10に変えました。
 2011年3月末で退職し、念願だった歴史の勉強をするため、大津市へ単身赴任の形式で移り住み、京都へ毎日のように通いました。
 大学の講座を聴講しつつ、西日本の街道を歩きました。
2013年10月、京都遊学を終え、埼玉へ帰りました。今後は関東を中心に歩こうと思います。 
歩行のアイテム  ガーミンGPSMAP60CSxです。

 ハンディGPSの定石のものです。コンパス、高度計もついた優れもの。これにあらかじめ、カシミール3Dにより、街道のルートを入力しておき、歩く際はこのルート通りに進みます。こうしないと未知の道を迷わずに歩くのは中々難しい。他にマップルなどの道路地図に経路を印刷して持参します。 GPSがあると記録ログが利用でき、距離、痕跡が確認できて大変便利。
 誤差数mなので、道路を横断しても計測され、地図上の距離より多めに計算されるようです。 欠点は画面が小さく、広い地図を確認するには不向きで、紙の地図も必要です。最近新型が出て、大部安くなりました。PDA型のGPSも色々出ていますが、電池の持ちがいまいちというところ。このGPSは単Ⅲ2本で10数時間持つ。最近7インチのタブレットを入手し、マップルのタブレットアプリが利用できて、持ち歩くのに便利です。