山陽(中国)街道
 大阪へから西へ向う場合、脇街道の「中国街道」を通ることになる。この道は京都から太宰府へ通じていた、「山陽道」を踏襲して決定されたといわれる。古代の山陽道は七道の内、唯一の大道であった。しかしその後衰退し、江戸時代においては、五街道の中には含まれず、主要な脇街道の扱いをされることにすぎないこととなった。そして大阪、高麗橋から出発し、尼崎を第一の宿場として、下関から北九州市門司区の大里を終点とする、51次約489kmの路線を「中国路」(五駅便覧)として正式に定めた。
 山陽道は元々大阪を通っておらず、西宮から京都へ向う路線は「西国街道」とか「山崎道」と呼ばれ、西宮から下関までを「山陽街道(路)」と呼ぶ説が多い。また京都から下関まで全体を「西国街道」と呼ぶ例も見られます。
 大阪から下関まで向うので、「中国街道(路)」と呼ばなければいけないのであるが、大阪以西は山陽の言葉が定着し、中国路の名称はあまり一般的ではないと思われるので、「山陽(中国)街道」の名称を用いることにしました。大阪までは東海道57次で歩き終り、大里まで行くと、江戸から九州まで繋がることになります。できたら太宰府まで行けたら良いと思います。
  資料
 「太陽コレクション地図 京都・大阪・山陽道」(平凡社)
 「山陽路四十八次」(中国新聞社)
 「歴史の道調査報告書 山陽道(西国街道)」(兵庫県、岡山県、山口県)外 


   大 阪  2011.10.09  15 岡 山  2012.03.19  30 玖 波  2013.03.23  45 山 中  2013.07.26
 1 尼 崎  2011.10.09  16 板 倉  2012.06.02  31 関 戸  2013.03.23   46 船 木  2013.07.26
 2 西 宮  2011.10.23  17 川 辺  2012.06.02  32 御 庄  2013.03.24  47 厚狭市  2013.07.27
 3 兵 庫  2011.11.03  18 矢 掛  2012.06.03  33 玖珂本郷  2013.03.24  48 吉 田  2013.07.27
 4 明 石  2011.11.20  19 七日市  2012.06.03  34 高 森  2013.06.01  49 小 月  2013.07.27
 5 加古川  2011.12.04  20 髙 屋  2012.06.03  35 今 市  2013.06.01  50 長 府  2013.07.28
 6 御 着  2011.12.04  21 神 辺  2012.06.03  36 呼 坂  2013.06.01  51 下 関  2013.07.28
 7 姫 路  2011.12.11  22 今 津  2012.06.04  37 久保市  2013.06.01       大 里  2013.07.28
 8 鵤  2011.12.11  23 尾 道  2012.09.29  38 花 岡  2013.06.01    
 9 正 条  2011.12.11  24 三 原  2012.09.29  39 徳 山  2013.06.02    
 10 片 嶋  2011.12.11  25 本 郷  2012.10.01  40 富 田  2013.06.02    
 11 有 年  2012.03.17  26 西 條  2012.09.30  41 福 川  2013.06.02    
 12 三 石  2012.03.18  27 海 田  2013.03.22  42 富 海  2013.06.02    
 13 片 上  2012.03.18  28 広 島  2013.03.22  43 宮 市  2013.06.03    
 14 藤 井  2012.03.19   29 廿日市  2013.03.22   44 小 郡  2013.07.26      

 大阪~尼崎