日本橋
品川宿
川崎宿
神奈川宿
保土ヶ谷宿
戸塚宿
藤沢宿
平塚宿
大磯宿
小田原宿
10 箱根宿
11 三島宿
12 沼津宿
13 原 宿
14 吉原宿
15 蒲原宿
16 由比宿
17 興津宿
18 江尻宿
19 府中宿
20 丸子宿
21 岡部宿
22 藤枝宿
23 島田宿
24 金谷宿
25 日坂宿
26 掛川宿
27 袋井宿
28 見付宿
29 浜松宿
30 舞阪宿
31 新居宿
32 白須賀宿
33 二川宿
34 吉田宿
35 御油宿
36 赤坂宿
37 藤川宿
38 岡崎宿
39 知立宿
40 鳴海宿
41 宮 宿
42 桑名宿
43 四日市宿
44 石薬師宿
45 庄野宿
46 亀山宿
47 関 宿
48 坂下宿
49 土山宿
50 水口宿
51 石部宿
52 草津宿
53 大津宿
京都三条
 (京街道)
山科追分
54 伏見宿
55 淀  宿
56 枚方宿
57 守口宿
大  阪

  東 海 道 
 東海道
は律令時代から成立しており、昔も現在も日本の大動脈としての役割は変わらない。古代は駅伝馬制、宿場は鎌倉時代から形成され、家康は幕府を開くより前慶長6年(1601)の定書きを出して宿場制を確立させた。日本橋から京都三条大橋まで53次、126里6町1間(約495.5km)大津から分岐して大阪まで4次足され、538.5kmであった。東海道は海岸に沿った街道だけに大きな川があり、交通の障害になった。浜名湖、尾張、伊勢間は渡し船で通った。厳しい関所もあり女性などは中山道の方を好んだようです。

1里=3.9km 1丁=町=109m

  *歩くに当たっては今井金吾著「今昔東海道独案内」中の地図を参考にしています





 日本橋~品 川(改訂版 17.01.07 21 岡 部~藤 枝 07.11.30 42 桑 名~四日市 08.11.09
1 品 川~川 崎 17.01.07  22 藤 枝~島 田 07.11.30 43 四日市~石薬師 08.11.09
2 川 崎~神奈川 17.02.04 23 島 田~金 谷 07.12.01 44 石薬師~庄  野 08.11.09
3 神奈川~保土ヶ谷 17.02.04 24 金 谷~日 坂 07.12.01 45 庄 野~亀 山 08.11.10
4 保土ヶ谷~戸 塚 06.06.04 25 日 坂~掛 川 07.12.01 46 亀 山~関 08.11.10
5 戸 塚~藤 沢 06.10.09 26 掛 川~袋 井 07.12.01 47 関   ~坂 下 08.11.11
6 藤 沢~平 塚 06.10.09 27 袋 井~見 付 07.12.02 48 坂 下~土 山 08.11.11
7 平 塚~大 磯 07.01.07 28 見 付~浜 松 07.12.02 49 土 山~水 口 08.11.11
8 大 磯~小田原 07.01.07 29 浜 松~舞 阪 08.06.07 50 水 口~石 部 09.01.10
9 小田原~箱 根 07.03.18 30 舞 阪~新 居 08.06.07 51 石 部~草 津 09.01.11
10 箱 根~三 島 07.06.10 31 新  居~白須賀 08.06.08 52 草 津~大 津 09.01.11
11 三 島~沼 津 07.08.22 32 白須賀~二 川 08.06.08 53 大 津~京 都 09.01.12
12 沼 津~原 07.08.22 33 二 川~吉 田 08.08.01   京街道・4宿
13 原   ~吉 原 07.08.22 34 吉 田~御 油 08.08.01 山科追分~伏 見 10.01.30
14 吉 原~蒲 原 07.08.23 35 御 油~赤 坂 08.08.01 54 伏 見~淀 10.01.30
15 蒲 原~由 比 07.08.23 36 赤 坂~藤 川 08.08.02 55 淀   ~枚 方 10.01.30
16 由 比~興 津 07.08.23 37 藤 川~岡 崎 08.08.02 56 枚 方~守 口 10.01.31
17 興 津~江 尻 07.08.24 38 岡 崎~知 立 08.08.02 57 守 口~高麗橋 10.01.31
18 江 尻~府 中 07.08.24 39 知 立~鳴 海 08.08.03
19 府 中~丸 子 07.11.30 40 鳴 海~宮 08.08.03
20 丸 子~岡 部 07.11.30 41 宮  ~ 桑 名 08.08.03

 日本橋へ