日本橋
品川宿
川崎宿
神奈川宿
保土ヶ谷宿
戸塚宿
藤沢宿
平塚宿
大磯宿
小田原宿
10 箱根宿
11 三島宿
12 沼津宿
13 原 宿
14 吉原宿
15 蒲原宿
16 由比宿
17 興津宿
18 江尻宿
19 府中宿
20 丸子宿
21 岡部宿
22 藤枝宿
23 島田宿
24 金谷宿
25 日坂宿
26 掛川宿
27 袋井宿
28 見付宿
29 浜松宿
30 舞阪宿
31 新居宿
32 白須賀宿
33 二川宿
34 吉田宿
35 御油宿
36 赤坂宿
37 藤川宿
38 岡崎宿
39 知立宿
40 鳴海宿
41 宮 宿
42 桑名宿
43 四日市宿
44 石薬師宿
45 庄野宿
46 亀山宿
47 関 宿
48 坂下宿
49 土山宿
50 水口宿
51 石部宿
52 草津宿
53 大津宿
京都三条
 (京街道)
山科追分
54 伏見宿
55 淀  宿
56 枚方宿
57 守口宿
大  阪
 48 坂下宿から土山宿   歩行地図
 河原谷橋-伊勢坂下-片山神社-鈴鹿峠-山中-猪鼻-田村神社-間の土山  8.6km

48 坂下宿
 鈴鹿峠の登口にある宿場町で、峠を越える旅人で大変賑わった。元々10町ほど峠寄りの「元坂下」に設けられていたが、慶安3年(1650)の大洪水により、壊滅的な被害を受け、現在地へ移転を余儀なくされた。宿としての規模は山間部にしてはかなり大きく発展していたが、その後、宿の役割を終えたり、鉄道が通らなかったりした為に、山間の小さな集落と化してしまった。宿の遺構もほとんど残っておらず、本陣跡等を示す石碑が残るのみ。
本陣 3 脇本陣 1 旅籠48

2008年11月11日  関宿からの続き
■河原谷橋~十一面観音
  坂下宿は●河原谷橋あたりから始まる。坂下宿の町並は道は2車線で広いが、人影はなかった。昔は大きな宿であったようだけど、鈴鹿峠を鉄道がさけて、すっかり寂れてしまった。●古い家もあまり見ることがなく、宿場時代の遺構もほとんど残っていなかった。公民館の脇に宿の案内が架けてある。8:30 

 左側に●松屋本陣跡と刻まれた石柱が立っている。その先には●大竹屋本陣跡と梅屋本陣跡の石碑が建っていた。大竹屋は、坂下宿一の大きさだったというが、このあたり一面が茶畑になっていて、そんな建物が建っていたことすら想像するのは難しい。道の右手に、身代わり地蔵尊
書いた小さな祠があり、石仏が幾体か祀られていた。この先ちょっとで国道に合流してしまう。

■十一面観音~片山神社
 国道に合流する手前に、●大道場岩家十一面観世音菩薩、と書かれた石柱が立っているが、あたりには何もなく、奥に鉄製の門があるだけであった。「清滝の観音」というものと聞いていて、滝らしい音は聞える。門は閉まっており、入れないと思っていたけど、鍵はかかっておらず、思い切って中に入ってみた。●薄暗い石段があり、燈籠が立ち、正面にお堂がある。これが観音堂かと思って、扉も開きそうなので、開けてみたけど暗くて何も見えなかった。フラッシュを焚いてみたが、暗すぎてだめで、石像が何体か見えた。左側には、ちょろちょろと滝が流れ、暗いし、何か出そうな感じもして早々に退散した。8:50

 国道に合流したら、旧道は国道に沿って500m程歩くようにという案内看板があった。調べておいた経路は右手の山の中を歩くようになっているが、とても歩けそうになく、案内どおり、国道の脇を歩くこととした。 
 国道を500mほど歩くと、右手に入って行く。左側に片山神社の石柱が建っていた このあたりが洪水前の、坂下宿 があった所だといわれ、「元坂下宿」という。すこし山道を行くと、●片山神社の鳥居が立ち、江戸時代には「鈴鹿大権現」とも呼ばれた由緒ある神社だった。鳥居をくぐり石段を上がって行くと、奥まったところに極めて小さな祠のみがあった。あたりは草原で、後で調べると、本殿は燃えてなくなったということだった。鳥居の横には鈴鹿流薙刀術発祥の地の碑もあった。 9:10

■片山神社~鏡岩
 神社から山道に入って行く。山道は、途中に一部だけ石畳が残る。 山道だけに急坂といえば急坂だけど、とんとんと駆足で登ってしまうと、頭上に、●国道の橋桁が見えてくる。橋桁をくぐっていくと、一度国道にでてしまう。越えていくと階段があり、左側に芭蕉の句碑がある。すぐ先に鈴鹿峠の案内板が立っている。●山道をさーと上がると平らになってしまって、田村神社の標柱と鏡岩への案内板が架かっている。ここが頂上?かと思うと意外にあっけなく、箱根に並ぶ険しい道なのかと拍子抜けしてしまった。 

■鏡岩~
 田村神社跡には、石柱が建っているだけで、田村神社は、先の片山神社に合祀されてしまった。 案内に従い鏡岩への道へ行く。ところどころの杉に紐が結ばれているのでわかりやすい。●鏡岩は材質は硅石で縦2.3m、 横2mの大きさで三角形ををしている。かっては鏡のように光っていたので、登って来る旅人の姿が映り、それを見て、盗賊が旅人を襲った伝説がある。が、見た所光る様なことはなく、普通の大石。後ろは絶壁で眺めが良いが、高所恐怖症なので恐る恐る●風景を撮っておいた。つずら折りの国道にトラックが走っている。9:25

■鈴鹿峠頂上~山中
 頂上には「近江の国」と「伊勢の国」の境界石が立っている。ここが三重県と滋賀県の境界なのであった。一帯に、●茶畑が広がっている。少し歩くと、巨大な石積みの常夜灯が見えてきた。●万人講常夜燈といわれるもので、江戸時代に金毘羅宮参りの講中が旅の安全を記念して建てたもの。高さ5.4m、重さ38トンもあるそうだ 常夜燈は、東海道沿いに立っていたが、国道トンネル工事のため、現在地に移された。常夜燈を過ぎると右手に現在の「鈴鹿トンネル」が見え、車の騒音が激しい。この先国道に沿ってしばらく歩く。 9:35

■山中~山中一里塚公園
 国道をしばらく歩くと、左側に●「山中城の跡」碑が立っている。ここにある山中城とは鎌倉時代にあった城のことで、鈴鹿峠の監視を行っていた。「「山中西」で右折して旧道に入って行くが、角に東海道 鈴鹿 山中 の石碑と石灯籠があり、右側には、 ・・坂は照る照る鈴鹿は曇る あいの土山雨が降る・・ 、と刻まれた、●鈴鹿馬子唄の石碑が建っていた。10:10

■山中一里塚緑地~かにが坂
 右折して行った所は「大平」といい、地蔵堂がひっそりと建つ。国道にすぐ合流してしまい、合流点の角は一里塚があったので、「山中一里塚緑地」となっている。中に「 いちゐのくわんおん道 」と、刻まれた道標があり、観音道は、東海道から分岐し、旧神村、旧櫟野村に至る道で、大原道とも、呼ばれたという。奥に●馬子唄の碑と馬と馬子の石像がある。国道を行き、やがて「猪鼻村」と呼ばれ、立場だった集落に入る。右側に●「旅籠中屋跡」の石柱が立っている家がある。こんなところにも旅籠があった。「明治天皇」の休憩所に使われたという説明もある。10:35

■かにが坂~田村神社
 国道を少し行ったところで、●右側の坂を下りて行く。ここらあたりを「かにが坂」といって、昔蟹の化物が出て、旅人を苦しませていた。それを聞いた「恵心僧都」が、往生要集を唱えると、蟹の甲羅はバラバラに砕け散った、という伝説が残る。工場の脇を通り抜けると、右側に小さく●「蟹坂古戦場跡碑がある。大きい方は「地区の整備竣工記念碑」 天文11年(1542)伊勢の北畠軍と山中城主、秀国との合戦が行われた。10:50

■田村神社~道の駅・あいの土山
 先に進み、田村川に出る。以前は橋がないので、国道に出るしかなかったが、木造の橋が架けられて助かる。架かっている●「海道橋は、平成17年7月に竣工したもので、当時の板橋を再現したという。脇に当時の「高札」が再現されている。昔の橋は安永4年(1775)に架けられて、渡り賃は武士、百姓は無料、一般の旅人は3文だったとか。橋を渡ると風格のある●田村神社の鳥居に出会った。11:00

 ●田村神社は弘仁3年(812)の創建と伝えられる古い神社で、蝦夷征討で功績のあった「坂上田村麻呂」と嵯峨天皇、倭姫命を祀っている。また厄除け神社としても地元の信仰を集めている。本殿は、元文4年(1739)に焼失した社殿を再建したもので、築後260年以上になるという。拝殿は工事中で、本殿は、向拝に牡丹と孔雀、そして鳳凰(ほうおう)を彫刻してあり、県下の江戸時代の社殿としては、注目すべき建築ですとか。国道の向うに●「道の駅 あいの土山」があったので、やっと食事にありつけた。関宿からここまで食べる所は全く見つからない。夏などは水も持ってないと大変だ。次の土山宿は駅の裏から始っている。11:30

47関宿へ 49 土山宿へ